マインドセット

From:渥美 貴浩(株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング)

世の中には、誰がやっても同じ結果が出る「仕組みで稼ぐタイプ」の会社と、個人の能力に依存した「人で稼ぐタイプ」の会社がある。

私の会社は人で稼ぐタイプの会社であるし、その方向を突き詰めていきたいなと開業当初から考えていました。

なので、採用は「何か」の能力の高い人材を要所要所でヘッドハンティングしてきました。

思いっきりスタッフのパーソナリティに依存するビジネスモデルです。

もちろんそんな中でも仕事の仕組み化も標準化もしていくのですが、結局は両方のバランスが大事だと思っています。

仕組みを強くしたら、その強い仕組みを乗り越える人材が出て来てほしいし、人材の能力が強くなったら、その強さを組織に還元して仕組み化できるようにしていく。

そうやって組織のバランスを崩しながら、保とうとしながら、会社は成長していきます。

一人一人が、それぞれの分野でのプロフェッショナルになって欲しいし、プロの仕事人としての自覚を持って欲しい。

私はいつもそう思っています。

でも、だからと言って、自分のために仕事をしてほしくない。

仕事とは、顧客のためにするものであって、自分のためにするものではないので。

顧客の問題を解決するからこそその顧客から対価としてのお金をもらえるわけで、自分のために自分の問題を解決しても、それでお金をもらえることはない。

プロフェッショナルとして大切なのは、あくまでも顧客の問題解決をすること。

なので、自分の成長や自分の評価ばかりを気にするスタッフは、経営者からすると評価が厳しくなる。

プロフェッショナルとして求められるのは、自分自身の成長ではなく、依頼してきた顧客の問題解決。

そして、難しい問題、要求を何度も解決していくうちに、自分自身は自然と成長しているものです。

明日から、また頑張りましょう。


渥美 貴浩(あつみ たかひろ)

株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング
代表取締役社長

スタッフ80名、医業収入9億円規模の大型歯科医院の現役事務長。

また、医業収入2億円以上の歯科医院向けにマーケティングとマネジメントをアウトソーシングする「株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング」を経営。

令和元年10月 現在。
クライアントの平均医業収入は2億8千6百万円。

1歯科医院での1ヶ月の新患数300名オーバーの実績を持つ。

この執筆者の記事