メッセージ

全ての業務があなたに集中していませんか?まずは、マーケティングをアウトソーシング。


地域最強マーケティング。連戦連勝の「2つの理由」。

1つ目の理由。私たちはあらゆる角度から診療圏内の競合分析をして「最初から勝ち戦をします」。

例えば、あなたのホームページを制作する際に、私たちは診療圏内の歯科医院のホームページを分析していきます。

ホームページを検索して見ることはイメージできると思うのですが、私たちにとってはココからが本番で、専用の解析ソフトを使用するとインターネット上の競合歯科医院のホームページの情報を知ることが出来ます。

・アクセス数
・競合の検索キーワードの分析(キーワード分析)
・ソーシャルの流入シェア(ソーシャル流入元分析)
・サイトからの流出先
・競合サイトが出稿している広告
・おおよその集患数

等です。

これらを把握してから、あなたのホームページ制作に取り掛かります。

つまり、根拠を持って最初から勝ちに行っています。

なので、診療圏内で既に集患できている歯科医院があれば、その地域は「集患できる」ということですので、近隣に流行っている歯科医院があるのはとても嬉しいです。

あとは、患者様から見た「あなたやあなたの歯科医院の強み」をしっかりと分析をして(集患アウトソーシング・ヒアリングシート)、流行っている競合歯科医院を上回るホームページを制作するだけです。

もちろん、ホームページ制作後には、PPC広告(PPC広告マーケティング)やSEO対策(SEO阻害要因調査)も行います。

あなたが開業している地域にここまでマーケティングを突き詰めている歯科医院はないので、あなたが圧勝するのはそれほど難しい話ではありません。

孫子曰く、

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。
彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」

敵の実情と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負ける心配はない。
敵の実情を知らず、味方のことだけを知っている状態では、勝つこともあるが負けることもある。
そして敵のことも味方のことも知らなければ、必ず負けてしまうだろう。

2つ目の理由。全てのマーケティングは「文章(コピーライティング)こそが命」。

あなたは「高層ビル理論」という言葉を聞いたことはありますか?

高層ビル理論とは、商品・サービスの質の高さを高層ビルに例えるという話です。

5階建と40階建のビルでは、誰の目から見ても、そこに圧倒的な差があることがわかります。

対して、35階建と40階建のビルではどうでしょう?

経営者であり、歯科医療の専門家であるあなたには、この違いがはっきりとわかることでしょう。他院とのレベルの差について『ウチはあのライバルにだけは負けてない!』という自信を持っているはずです。

では、あなたのサービスを受ける顧客=患者様にとってはどう見えているでしょうか?

患者様は歯科医療という分野に対して、当然ながら「素人」です。35階のビルも40階のビルも、どちらも同じように「高いビル」でしかありません。

多くの患者様は、あなたとライバルとの差を判断できていないのです。

すると、何が起こるか?

患者様は「もっと良い治療を・もっと安く受けられる・もっとキレイな医院はないか?」という、際限のない比較を始めます。そして、多くの医院はその競争に巻き込まれることになるのです。

そこで弊社がご提供するのが、激しい競争の中であなたの医院の「価値」を正しく伝えるための「コピーライティング」です。

人はみな、言葉でコミュニケーションをします。そしてそれは、これから先、どんなに時代が変わろうとも変わらない原理・原則です。

あなたがどんなに素晴らしい歯科医院を築き上げたとしても、その素晴らしさを見込み患者様に伝えるのは言葉であり、コピーライティングなのです。

弊社では、数億円、十数億円規模のさまざまな歯科医院のホームページのコピーライティングを担当する歯科専門のコピーライターが在籍しています。

言葉の力・コピーライティングの力を使うことで、あなたの歯科医院の価値を正しく伝え、人の心を動かし、人を行動に導き、来院に結びつけます。

ホームページ制作後も、あなたが勝ち続けるために。

私たちは、一般的な歯科コンサルティング会社と違ったサポート体制をとっています。

多くの歯科コンサルティング会社は一人のコンサルタントが20件以上のクライアントを担当しています。

しかし私たちの場合、あなたの歯科医院に対して、経営コンサルタント、財務コンサルタント、マーケター、セールスライター、マネジメントコーチなど、弊社内で「チーム」を組んで、人数をかけて総合的に対応しています。

つまり、担当するコンサルタントやマーケターの経験や知識に左右されるようなことはありません。

私たちが毎月2,000名以上の新規患者をコンスタントに獲得出来ているのも、各分野のプロフェッショナルであるスタッフ、優秀なブレーン、そして頼りになるアウトソーシング企業と「チーム」を組んでいるからです。

そして、このチームから膨大なデータとノウハウが毎日蓄積されていきます。

この仕組みがある限り、私たちは結果を出し続けられます。

医業収入2億円以上の歯科医院でよくある「弱み」がマーケティング。

2億円規模までは通用したものの、それ以上の規模になると院長やホームページ業者さん、そして担当コンサルタントが行うマーケティングには限界があります。

もしかしたら、私たちの一番の強みは、この「人脈」かもしれません。

開業以来、弊社とのコンサルティング契約を更新されなかったクライアントは今まで1医院もありません。弊社と長いお付き合いをしませんか?

「今の医業収入をこれからもずっとキープできるだろうか?」

「医院経営に失敗したら、家族の生活はどうなっていくのだろう…」

「医業収入が減ったら、みんなからどんな目で見られるだろうか?」

歯科医院経営で「成功している」と言われる目安である医業収入2億円を超えたとしても、あなたのこういった悩みは尽きないものだと思います。

令和元年10月 現在。
クライアントの平均医業収入は2億8千6百万円。

弊社の主な実績として、

・年間医業収入3,600万円の歯科医院を契約後3年間で1億2千万円に。

・年間医業収入1億8千万円の歯科医院を契約後4年間で6億4千万円に。

・1歯科医院での1ヶ月間の新患数を契約後4年間で70名から280名オーバーへ。

・歯科衛生士の月間医業収入を1名あたり85万円から220万円に。

・歯科衛生士の採用活動で、1歯科医院で年間8名の正社員採用。


今まで何度も経験してきたクライアントの医院拡大。

その経験から導き出した経営戦略。

数々の実践的な戦術。

これらの実績が、今後はあなたにも全て還元されていきます。

あなたの近隣の歯科医院には、経営パートナーのいる歯科医院は殆どいないはずです。

私達と一緒に、これからも勝ち続けましょう。


私たちの使命は「医業収入をアップして、クライアントの人生の選択肢を増やすこと」。


多くの医院経営に携わると、いろいろな事を実感します。

例えば、お金の大切さ。お金があるとあなたの人生の選択肢が格段に広がります。
優秀な人材の採用、高額な設備投資、教育レベルの向上、そして最も貴重な自分の時間の確保。
継続的に次への投資が出来るのは、ビジネスにとって強みになります。

そして、何よりもお金に余裕があると安心できます。

私たちの仕事は、あなたの収入を増やして人生の選択肢を増やすことだと考えています。仕事に対しても、プライベートに対しても。

数年後、あなたの人生の貴重な時間と選択肢を増やしてください。

「お金は人生の潤滑油だ。それはあなたが人生を切り抜ける手助けをしてくれる。それがないと、あなたは、サンドペーパーに擦りつけられながら、人生を送っている気分になるだろう」ー E.コスマン


新たなクライアント契約は、毎年1歯科医院のみ。


弊社は、常時一定数の歯科医院としかクライアント契約が出来ません。

既存のクライアントに対してクオリティを保証する為にもクライアント契約数に上限を設定しています。

全てのクライアントに私が関与させていただきます。

このスタンスは、今後も変わりません。

私たちが主だった営業活動をしていないのには、こういった理由もあるからです。

弊社が年間で増やせるクライアントは毎年1歯科医院になります。

【弊社の実力を実感してみませんか?】
まずは、お問い合わせフォームより、Zoom無料相談にお申し込みください。

まずは、お問い合わせフォームよりZoom無料相談にお申し込みください。医院経営に関するご相談や、弊社サービスについての詳しいご説明をさせていただきます。

Zoom無料相談をご希望の方は、お問い合わせフォームより

①「コンサルティングについて」をご選択いただき、

②お問い合わせ内容に「Zoom無料相談希望」とご記入の上お申し込みください。


お問い合わせフォームの記入例


Zoom無料相談では、次のような内容をご相談いただけます。


  • 訪問コンサルティングサービスの詳しい内容について
  • 経営数値管理ソフトウェア(A.P.O.マネジャー)について
  • リコール率アップの仕組みについて
  • レセプト枚数アップの取り組みについて
  • 集患マーケティング・採用マーケティングについて

それでは、あなたにお会いできるのを楽しみにしております。

フォームに入力して
Zoom無料相談に申し込む

株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング
代表取締役社長 渥美 貴浩


関連ページ