マインドセット

From:渥美貴浩(株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング)

元リクルート社のフェローで、民間人初の公立中学の校長を務めた藤原和博さんが提唱している

「1万時間の法則」

という考え方があります。

それは「あることに1万時間を費やすと、その道の達人になれる」という内容で、1万時間を費やした段階で、

「100人に1人の人材」

になれるそうです。

藤原さんはこれよりも更に追加して、別の2つの分野でも1万時間投下することを勧めています。

まずはもう1つのジャンルにも1万時間を投下して、

100分の1×100分の1=「1万分の1」

に到達し、更にここからもう1つのジャンルに1万時間を投下することで、いよいよ

100分の1×100分の1×100分の1=「100万分の1」

の人材になるそうです。



この3つのジャンルが作る三角形を如何に大きくするかが、「市場での希少性の大きさ」に繋がると考えるそうです。

もちろん、すぐに到達できるような目標ではありませんが、だからこそ達成した際には圧倒的な差が生まれてきます。

ここでのポイントは、毎日の習慣にこの取り組みを無理なく組み込むことです。

ベストは、これらの習慣を日常業務に組み込むことです。

会社にとっても特別な人材が育つことは大きな武器・他社との差別化に繋がるので、希少性を意識してスタッフにも業務を任せると良いでしょう。

優秀な人材に、雑用なんてお願いしてはいけません。

あなたは、自分の希少性を高める取り組みを毎日行っていますか?


渥美 貴浩(あつみ たかひろ)

株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング
代表取締役社長

スタッフ80名、医業収入9億円規模の大型歯科医院の現役事務長。

また、医業収入2億円以上の歯科医院向けにマーケティングとマネジメントをアウトソーシングする「株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング」を経営。

令和元年10月 現在。
クライアントの平均医業収入は2億8千6百万円。

1歯科医院での1ヶ月の新患数300名オーバーの実績を持つ。

この執筆者の記事