マーケティング

From:松本 真由美(株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング)

弊社では、クライアントの医院についてエゴサーチを習慣的に行っています。(エゴサーチとは:SNSやネット上で固有名詞もしくは関連キーワードを検索し、どんな評価を受けているのか確認する行為)

理由はいくつかありますが、
●予約数に大きな変化が起きたとき
●ホームページの順位に大きな変化が起きたとき
このような場合に、原因の一つとして検証を行います。

私の前職で経験した事例ですが、

検索順位が圏外から上がらない→SEOコンサルに依頼して徹底的に改善→それでも上がらない→実はtwitter上で会社名やURLが引用されてめちゃくちゃ叩かれていた

というケースがありました(このケースは事実というより、嫌がらせに近い悪質なものだったように思います)。

こうなるとドメイン(URL)を変えるしかない、という判断になるわけですが、歴史のあるドメインならその価値もリセットになり、また当然費用も時間もめちゃくちゃかかる訳で・・・

患者様のリアルな声を拾うことはもちろんですが、こうしたトラブルをできるだけ早く察知するためにも、弊社ではエゴサーチを定期的に行うようにしています。


松本 真由美(まつもと まゆみ)

株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング
マーケティング部門 Webマーケター

都内某女子大卒業後、大手マーケティング会社にて11年間Webマーケターとして活躍。

学生時代にセールスライティングの魅力に気付きセールスライティング部門希望で入社したものの、まさかのアフィリエイト部門に配属。

その後もPPC広告部門、コンテンツ制作部門、そしてSEO部門など、当初の希望であるセールスライティングではなくWebマーケティング部門で11年間過労死基準オーバーの日々を過ごす。

そんな時、同期入社のエース氏家が転職したと聞き、歯科専門集患アウトソーシングの存在を知る。

「あの氏家が選んだ会社だから間違いない」

と、何とか入社させてもらえるように氏家から渥美社長にアタックしてもらい、見事にコネ入社。

歯科専門集患アウトソーシングでは、各クライアントのWebマーケティングとWebサイト管理を担当。

特技は、様々なWeb解析ソフトを駆使したWebマーケティング。

また、Webマーケティング業界に多くのコネクションがあり、他力本願なそのコネクションが自信の根拠。

この執筆者の記事