趣味


From:三鬼 明香(株式会社 歯科専門 集患アウトソーシング)

先日、友人から「洋服ってどうやって選んでいるの?」と聞かれました。


あなたは、洋服選びのこだわりや条件はありますか?


私は、

・柄物は選ばない

・定番でシンプルなデザインを選ぶ

・好きなブランド・お店を見つける(1つか2つに絞る)

・ビジネスシーンでもプライベートでも使える(着回しができる)

・購入した洋服と組み合わせ2パターン成立するものを選ぶ

・できるだけロングシーズン使える生地を選ぶ

・プチプラはインナー・靴下のみ

・できるだけ靴とアウター・ジャケットは妥協しない

・購入して、着て、気に入ったデザインの洋服は色違いをセール時に購入する


共感していただける条件はありましたでしょうか?


長年、自分と付き合ってきて集約された条件だと思っています!


10代・20代前半の頃は、質より量(数)でした。もちろん、背伸びして購入した洋服もありますが。


ですが、年齢やライフスタイルが変わり、収入も変わり、目に入るモノ・観るモノが変わり、


洋服(衣)は、自分の人生にとって大切なものだと考えています。


人と巡り会い、場所に巡り会い、


仕事においてもプライベートにおいても外見(身なり)の印象は


良い意味でも悪い意味でも印象に残ることってありませんか?


洋服をお仕事にされている方々には到底「洋服好き」とは恥ずかしくて言えないレベルですが


洋服選びは大事にしていきたいと思います。


そして、自分の体型を気にしなくても「着たい洋服を着こなせる体型」を再現していきたいと思います 笑

==================================
あなたは、歯科衛生士のマネジメントに苦戦してしませんか? ←悩んでいる院長は、ここをクリック


三鬼 明香(みき あすか)

18歳で歯科助手として就職。21歳で転職した歯科医院で、スタッフ6名チェア5台の歯科医院を、スタッフ60名チェア19台に成長させる過程に携わる。

月間2,000万円以上の自費売上をコンスタントに達成する歯科医院においてTC(カウンセラー)のリーダーを務める。

26歳で国家資格(歯科衛生士)を取得するため一旦退職。資格取得後29歳で職場復帰し、最終的にスタッフ60名、医業収入6億円規模の大型歯科医院のチーフ歯科衛生士を務め上げた経歴を持つ。

現在、主に医業収入2億円以上・歯科衛生士5名以上のクリニックなどに対して、歯科衛生士・TCの医業収入アップコンサルティングをしている。

歯科医療や診療報酬に関する知識を活かしたコンサルティングと、組織づくり・教育・スタッフマネジメントが武器。

この執筆者の記事